トップ  >  日記  >  水難事故を考える・・・

水難事故を考える・・・

2015年07月17日

ソウダ釣りの帰りに、興津港内で釣りをしていると・・・
上空をヘリコプターが巡回していました。
はじめは、ドクターヘリかな~?
何かの訓練かな~?
とか思っていましたが、

それはおさまることなく、広範囲をぐるぐると何度も何度も・・・
しかもかなり海面近くを。。

あまりの爆音と物々しい雰囲気から、
隣にいた釣り人と思わず顔を合わせて、、

「事故だね・・誰か流されたんだよ」と。

外海はかなり波も高く、うねりもあって、
さすがに堤防やテトラには、釣り人は一人も居なかったんですが、
良く見ると、対岸の海水浴場に十数名の人が集まっているのが見えます・・

その後もヘリは上空を探索するように飛び続け、
なんとなく私も、隣の方も、
釣りを続ける気がなくなりそのまま撤収してしまったのですが・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

警察庁ホームページから

平成26年中における水難の概況
https://www.npa.go.jp/safetylife/chiiki/h26_suinan.pdf

というのを見ました。

全国の発生状況

平成2 6 年中の水難は、
○ 発生件数1 , 3 0 5 件
○ 水難者1 , 4 9 1 人
 うち死者・行方不明者 7 4 0 人

都道府県別の発生状況
水難の発生件数を都道府県別にみると、多い順に
○ 大阪府7 6 件
○ 沖縄県6 7 件
○ 千葉県5 9 件

場所別・行為別( 死者・行方不明者)
死者・行方不明者7 4 0 人について、発生した場所別にみると、多い順に
○ 海3 5 1 人( 4 7 . 4 % )
○ 河川2 4 9 人( 3 3 . 6 % )
であり、
行為別にみると、多い順に
○ 魚とり・釣り1 9 1 人( 2 5 . 8 % )
○ 通行中8 6 人( 1 1 . 6 % )

だそうです。

しかも、年齢層は、
高校卒業に相当する年齢以上65歳未満の者 45.3%
65歳以上の者 44.3%
で、ほとんどが大人です。



ベテランの皆さんにはわかりきっていることと思いますし、
何か物申すつもりはまったくありません

台風や雷、竜巻など悪天候時も多い昨今
ひとり釣行にも慣れ^^; 色々な釣りに興味を持ってきたこの頃
そろそろ油断もあるのかなぁ~と・・・
改めて、気をつけなくてはと思い、自分の為に記事UPしました。

遊びで命を失うことがあっては元も子もないです。。。
スポンサーサイト

塩うずわってなんだ? | トップページへ戻る | (釣行記) 久しぶりの更新は南房ソウダ^^

このページのトップに戻る

コメント

No title

うわぁ…僕は海が好きですが、
荒れた海が怖くて仕方ありません。
ざっぱーん何てやってたら怖くて近寄れません!
だから堤防釣りばかりやってます。

こういう恐怖感を持ってればまだ良いのですが、
釣りたい!が勝っちゃう人もいるんですよね…
年を取ると余計顕著になっちゃんでしょうか?

しかし大阪が多いのは以外でした。
川の事故かな?

ちょすさん

コメントありがとうございます。

海は大好きですし癒されますが、
同時に怖いんだということも常に頭に
入れとかなくては・・ですね。
記事には書きませんでしたが、この時の釣り人に、
磯で落水した時の体験談を聞きました。
・・・壮絶でした。。。

自然相手、お互いに油断せず^^;
ずっと釣りを楽しみましょうね。

コメントの編集

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

最新コメント

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: